超音波治療器

[kc_row use_container=”yes” force=”no” column_align=”middle” video_mute=”no” _id=”533516″][kc_column width=”12/12″ video_mute=”no” _id=”219687″][kc_column_text]

 

 当院では超音波治療器を導入しております。

 

 

どんな機械かというと、メーカーホームページの当機種のページを貼り付けます。UST-770| 伊藤超短波株式会社。最初に「医療関係者ですか?」みたいなポップアップ表示が出ますが、「はい」をクリックすれば普通に見れます。

 体に感じないほどの細かい振動が、体の深部まで届くというものです。どれほど細かいかというと、1メガヘルツ(一秒間に百万回)と3メガヘルツ(一秒間に三百万回)という、わかりづらい周波数です。ちなみに人の声で1~2キロヘルツ。1メガヘルツはその・・・1000倍?説明すればするほどわかりづらくなりますね~。

 で、どんな効果があるかというと、マッサージでは届かない深い場所まで振動が届くので、指で押すより体への負担なく、深い場所の筋肉を柔らかくしてくれます。他にも、炎症がおさまります(腫れがひく)。その他、骨折部位にあてると骨形成を促進して治療期間が短くなるそうです。(メーカーホームページ参照伊藤超短波株式会社)

 用途(適応症状)は色々ありますが、骨折、捻挫、肉離れ、テニス肘(ゴルフ肘・上腕骨外側上顆炎)、腱断裂、靭帯断裂などです。肉離れや断裂は手術しないとつながらないんですが、病院で手術しないで治療する(保存療法)と言われた場合、これ、非常に有効です。骨折も、病院で診断されて、「骨がつくまでどうしようもない」と言われた方にもおすすめです。

 当院で健康保険は、はりきゅうしか対応してないため、この超音波も実費となりますが、骨折や捻挫などは、毎日でもかけたいので、毎日でも一日おきでも通いやすいお値段に設定しております。

 興味のある方は一度お試しください。

 軟部組織(筋肉・靭帯・腱など)の痛みにはよく聞きますが、関節に痛みがある場合など、筋肉緩めても痛みがとれない場合があります。そんなときはカイロプラクティックの施術で関節にアプローチします。

[/kc_column_text][/kc_column][/kc_row]
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。