脊柱管狭窄症

脊柱管とは、脊椎(背骨),靭帯でつくられた神経(脊髄)の通り道です。

脊柱管狭窄症とは、年齢的な退行性の変化が原因で、骨の変形、靭帯の弾力性の低下などが起こることで、脊柱管が狭くなり、そのなかを通っている神経が圧迫され、色々な神経症状(痛み、痺れ、冷えなど)が出る病気です。

ここでは、腰部脊柱管狭窄症の話をします。

代表的な症状として、間歇性跛行(かんけつせいはこう)というものがあります。

長く歩くと、だんだん足がしびれてきて、歩けなくなり、座って休むと、痺れが消えて、また歩けるようになり、しばらく歩くとまた足がしびれるという状態を繰り返します。

間歇性跛行は、動脈硬化など、他の病気でも見られる症状なので、一度、病院での検査をお勧めします。

脊柱管は、腰を伸ばした時に狭くなり、腰を前かがみにすると広くなるからです。

歩いているときは、腰を伸ばしているので、神経の通り道が狭くなり、だんだん痺れてきますが、座って休むと、腰が前かがみになるので、神経の通り道が広がり、痺れが消えるという理屈です。

そのほか、同じ理屈で、仰向けで寝ると痺れるけど、横向きで寝ると痺れないという症状もよく聞きます。

当院では、鍼で、痺れを軽減したり、鍼が苦手な方には、マッサージの施術を行います。

完全に治ることはない病気なので、どれだけ症状が改善されるかという話になります。「少しでも長い距離を歩けるように」、「少しでも痺れの程度が軽くなるように」という目標設定で施術を致します。

症状に心当たりのある方は、一度病院を受診されてからの来院をお勧めします。程度の良くない「脊柱管狭窄症」は手術の適応となるためです。

お客様の声 腰痛、左足大腿部に力が入らない 2015.05.07
お客様の声 足の痺れ、痛み 2013.05.12
お客様の声 坐骨神経痛 2013.04.17
お客様の声 腰痛 2013.04.11

a:1910 t:1 y:2